CINEMA 4D Studio R19 スタンドアロン版 サイドグレード

  • c4d-studio-r19-side
パッケージ納品
¥350,000 (税別)
¥378,000 (税込)
( c4d-studio-r19-side)

商品説明

CINEMA 4D Studioは、MAXONがプロの3Dアーティストのために提供する最高の製品です。
高度な3Dグラフィックや驚くようなグラフィックをすばやく簡単に作成したいなら、最適な選択と言えます。
CINEMA 4D Studioには、CINEMA 4D Prime、Visualize、Broadcastの機能はすべて含まれており、さらにより高度なキャラクタアニメーションツール、ヘア、物理シミュレーションエンジン、無制限のクライアントのネットワークレンダリングが追加されます。
CINEMA 4D Studioは、どんなプロジェクトにも取り組むことができ、結果を残せます。

Studioは、高度な3Dツールにもかかわらず、追加されているツールについてもユーザーフレンドリーで直感的な設計です。
CINEMA 4Dの優れた設計により、ヘアのような高度な3D効果も驚くほど簡単になっています。
たとえば、キャラクタが動くたびに、髪を自動的にサラサラにして揺らしたり、数千のオブジェクト同士がぶつかり合うような効果も、わずか数クリックで設定できます。
CINEMA 4D Studioは、あなたの創造力を広げ、制限なしで3Dを楽しむことができます。

※パッケージ版での納品をご希望の場合は、別途インストールメディア(USBスティック)代として4,000円(税別)の費用が発生致します。

こちらの製品はサイドグレード版となります。
ご購入の際は申込書が必要ですので、ご購入の際はメール又は郵送にて弊社までお送り下さい。
CINEMA 4D / BodyPaint 3D サイドグレード お申込書

サイドグレード対象製品一覧:
Shade、3dsmax、Maya、Entertaingment Creation Suite、Softimage / XSI、Lightwave 3D、Houdini、Artlantis、Modo、Mari、Rhino、Zbrush、Mudbox、CINEMA 4D / BodyPaint 3D R15 以前。

対象製品のグレード、 バージョン、プラットフォーム、通常版、アカデミック版は問いません。
ただし、体験版、β版、PLE 他、無償で提供されているものは除きます。また、Cinema 4Dを購入後も所有製品はそのままお使いいただけます。

CINEMA 4D Studioには以下の機能が含まれます
他の製品のすべての機能に加え以下の機能が含まれます:
フィジカルレンダラー
高度なカメラツール
Team Render(ノード数無制限)
MoGraphツール
Sketch & Toon
ダイナミクス
スカルプト
ヘアシステム
高度なキャラクタツール
モーショントラッカー
すべてのライブラリと高度なプリセット、デモシーン

他製品を含めた全機能比較リストはこちら(公式ページ)

体験版

こちらのページより登録をお願いします。

フローティング版のご購入及び複数本割引についてのご案内

・フローティングライセンスを始めて購入される方は、別途Cinema 4Dライセンスサーバーの購入が必要です。
・複数本購入の場合は割引が適用されます。

いずれの場合も、カートでは自動計算されません。
カートボタン下【お問い合わせ】ボタンより製品詳細・ライセンス数を添えてご連絡をお願いいたします。
お問合せいただきました内容を確認の上、通常1~2営業日以内に担当者よりメールにて詳細をご案内いたします。

MAXON Service Agreementについて

MAXON Service Agreement(取引条件書)、を別途ご契約いただきますと、契約期間中に新しいバージョンがリリースされた場合自動的にアップグレードが可能となります。
ご契約期間中は常に最新の機能をご使用いただけるほか、MAXONからの優先的なサポート等の優待サービスを提供いたします。
ご加入をご検討の場合は、カートボタン下【お問い合わせ】ボタンより製品詳細・ライセンス数を添えてご連絡をお願いいたします。
※ サービス加入の前に必ず取引条件書をお読みください。

動作環境

Windows 7 SP1 64-bit 以降が動作する SSE3 をサポートした Intel もしくは AMD 64-bit CPU もしくは
macOS 10.11.6 もしくは 10.12.4+ が動作する 64-bit CPUの Intel ベースのApple Macintosh
4 GB の空きメモリ(8 GB 以上を推奨)、OpenGL 4.1 をサポートしたOpenGLグラフィックスカード(専用GPUを推奨)
GPU レンダラーは、Windowsは NVIDIA もしくは AMD、macOSは AMD のグラフィックスカードでOpenCL 1.2 以上のサポートが必要。
GPU レンダリングには、最低 4 GB 以上のVRAMを推奨します。
USBポート、ユーザー登録が必須。

こちらの Cinema 4D/BodyPaint 3D のバージョンリリース以降に提供された新しいハードウェアおよび OS のサポートはについては、保証できません。