Okino PolyTrans and NuGraf



業界最多のフォーマットサポートと機能性を誇る CAD/DCC/VisSim/Animation/Skinning/モデル変換ソフトウェア


SolidWorks to Maya

Pro/Engineer to Okino

Unigraphics to Lightwave

One Space Designer to Maya

ACIS SAT to Okino

CATIA v5 to Cinema-4D

Autodesk Inventor to Okino

SolidWorks to 3ds Max

Delmia to 3ds Max

SDRC Master Series(IGES) to Okino

AutoCAD to Cinema-4D

Pro/Engineer to Okino
Overview
PolyTransは世界中で最も広範囲のフォーマットをサポートし、最も正確にシーン、CAD、アニメーション、トリムNURBSなどの3次元データを変換できるツールです。PolyTransを使えば、もはや手動で1つ1つモデルを変換する必要はありません。シェーディングパラメータ、テクスチャーマッピング座標、テクスチャーマップ情報、アニメーションデータ、これらすべてを含めて変換を行えます。 PolyTransで変換したデータは「Render Ready」(レンダリングする準備ができている)を目指しています。変換されたモデルを読み込んでレンダリングボタンを押してください。実にシンプルです!

PolyTransの特徴・アドバンテージは、世界中で使用されているポピュラーな3Dファイルフォーマット間の変換に対応する為に、独自のフォトリアル3Dレンダリングエンジン、3次元ジオメトリ変換エンジン、トリムNURBS変換エンジン、アニメーション変換エンジンを備えている事にあります。PolyTransのジオメトリ変換エンジンは、ポリゴンの中に定義された穴、ランダムに集まったポリゴン、トリムNURBSパッチ、バイキュービックパッチ、クアドリックサーフェス(super-ellipsoids, sphere, toroids, etc)など様々なジオメトリタイプをサポートしており、アニメーション変換エンジンは、3ds maxやMaya、Lightwave等のように完全に異なる補間アルゴリズムを使用するフォーマット間も相互に変換させる事ができます。
さらに内部レンダリングエンジンは、ジオメトリスムージング(法線)、バンプマッピング(UV接線)、UV座標、頂点カラーおよび頂点透明度データなどのレンダリングに関連する情報を全て保存するために利用されます。レンダリング・エンジンはさらにビットマップ・ファイル名、テクスチャースケーリング、オフセットおよびテクスチャープロジェクションを含むすべてのテクスチャ・マッピング情報の正確な変換を実行するためにも使用されます。 ジオメトリ、マテリアル、ライト、カメラ、階層構造など全ての情報を変換しなければいけない場合、PolyTransは唯一の選択です。

PolyTransを利用するもう一つの理由は、様々な3次元ソフトウェア産業における主要なアプリケーション間の「橋渡し」となれる事です。左の図が示すように(クリックすると大きく表示されます)例えば、公的なビジュアルシミュレーション産業で良く使用されている専用ソフトウェア(Creator2, MultiGen-II, Vega)と、エンターテイメント産業で広く使用されているソフトウェア (Maya, MAX, Lightwave, SoftImage, etc)間でデータを共用する事が可能となります。

PolyTransは既に多くの企業、政府、国防、プロダクション、デジタルエフェクツハウス、アニメーションスタジオ、3Dコンテンツ製作会社、そしてほとんどメジャーなゲーム会社などで毎日使用されています。

そして、常に最新の機能が開発されており、Okino社指定のベータユーザーによって高度なテストが行われています。そして購入した全てのユーザーは、開発者から直接サポートを受ける事ができます。
PolyTransおよびNuGrafはプラグインはオープンなプラグインアーキテクチャを備えており、SDKによって自由に拡張可能です。
標準機能である
  • 非常に強力なポリゴンリダクションシステム(PolyTrans and NuGraf)
  • マルチメディアイメージエディタ&ビューア(PolyTrans and NuGraf)
  • パースペクティブマッチング(NuGrafのみ)
  • 太陽位置計算(NuGrafのみ)
  • レンズフレア(NuGrafのみ)
はプラグインによって実現しています。

PolyTrans-for-3ds-maxおよびPolyTrans-for-Mayaは、3dsmaxとMayaにPolyTransの入出力機能を組み込むプラグインモジュールです。この大変便利なプラグインは既に3D業界の至る所で利用されています。

Okino.bfdフォーマットを中間ファイルとして、シーンデータ、キーフレームアニメーション、スケルトン/スキニングデータをMaya、3dsmax相互に変換する事も可能です。
PolyTransはオープンアーキテクチャープラットホームです。基本アーキテクチャは15年にも及び改良が加えられており硬く安定しています。開発者は無料でOkinoソフトウェア用の新しい3Dインポート/エクスポート・コンバータ・モジュールあるいはシステム・プラグインモジュールを入手する事ができます。(ただしSDK契約が必要です)

SDKを受け取った開発者はSDKおよびサンプルソースコードの完成度が非常に高い事を知るでしょう。OkinoコンバータSDKはトグルスイッチを使っておびただしい量の「変換エンジン」をカプセル化しています。 これは、ソースデータがどのような形式(メッシュ、NURBS、スプライン、スキニング)であろうともコンバーター開発者が余計なコーディングをする事なくデータハンドリングが行なえる事を意味します。 さらに高度なユーザーインターフェースSDK(システムプラグインインターフェースの一部)は、全てのWindowsコンポーネントおよびモジュールをシームレスにPolyTransのインターフェースに組み込む事を可能にします。
パッケージ構成
幾つかの高度な機能はオプションモジュール(別売)の追加で利用可能です。
  • PolyTrans基本パッケージ - PolyTrans本体パッケージです。PolyTrans-for-MAX同梱。
  • CAD/Pack - Autodesk Inventor読み込み、DWG読み込み (with ACIS solidサポート)、IGES 5.3読み込み/書き出し、Solid Edge/SolidWorks読み込み。
  • DCC/Pack - Kaydara FBX読み込み、OpenFlight読み/書き、PolyTrans-for-Mayaプラグイン、PolyTrans-for-Softimage|XSIプラグイン、Softimage|3D .hrc/.dsc読み/書き、Softimage|XSI (.dotXSI)読み/書き
  • Granite/Pack - PTCのグラニット(ソリッドベースのCADインポーター・ライセンス)をPolyTransに追加:ACIS、PTC IGES(ソリッド)、Parasolids、ProE パーツ&アセンブリー、Pro/DESKTOP、STEP&VDA-FS。さらに、PTC IGESインポーターへの補足としてOkinoのサーフェースベースのIGESインポーターを含んでいます。
  • CATIAオプション - このオプションを追加購入する事でダッソー・システムズ社のCATIAデータをPolyTrasn [PolyTrans for ***プラグイン含む] からネイティブに読み込む事が可能になります。ダッソー・システムズ社純正のカーネルを使用していますので、高い信頼性があります。
  • JT Open オプション - PolyTransへ JT 形式のデータを入力および出力する事が可能になります。このオプションはUGS社がライセンスするJT Open toolkitモジュールに基づいています
購入の前に・・・
  • 評価版のダウンロードはこちら
  • 製品版によるテスト変換も行なっています。sales@oakcorp.netまでお気軽にご相談ください。
    (最初にデータは送らないでください。)