Forest Pack
Forestチュートリアル
Forest機能紹介
バージョン案内

Forest Pack バージョン比較

現在、Forest Packには「Pro」と「Lite」の2バージョンがあります。「Forest Pack Lite」は機能限定版のフリーソフトウェアです。いくつかの重要な機能は有償の「Forest Pack Pro」でのみ利用可能です。

さらに「Forest Pack Pro」には、ビルボードツリー(書き割り)用のライブラリーが含まれます。「Pro」ではライブラリーの内容を編集したり、カスタムのライブラリーを作る事も可能です。 「Forest Pack Lite」にも少数のライブラリーが含まれますが、ライブラリーの追加や編集は行えません。
レンダリング機能LitePro
ネイティブシェーダーサポート for Mental Ray® X X
ネイティブシェーダーサポート for VRay® X X
ビルボード(書き割り)の最適化 X X
スキャッタオブジェクトのカラーバリエーション(マップorグラデーションorランダム) X X
Color Tint機能 (色をオブジェクトからエレメント間でランダム化) 不可 X
編集機能 LitePro
複数オブジェクトの混在スキャッタ 3つまで 無制限
凹凸面へのスキャッタリング  XY平面上のみ
(2D平面)
X
オブジェクトサーフェス上へのスキャッタリング 不可 X
ツリーをZ軸に移動 不可 X
Area 指定 4レイヤーまで 無制限
マップによる分布 X X
多様性 / クラスター分布 X X
カスタム編集モード(スキャッタしたアイテムを直接選択して削除) X X
パスに沿ったスキャッタリング X X
ジオメトリ生成LitePro
カメラによるクリッピング X X
ビューポート表示の自動軽量化(ポイントクラウドビュー表示) X X
位置、向き、スケールのランダム化 X X
アニメーションサポート(ランダムサンプル含む) X X
マルチサブオブジェクトマテリアルの自動生成 X X
スキャッタオブジェクトの衝突検知 X X
ライブラリー機能LitePro
ライブラリーブラウザー X X
ライブラリーの編集 不可 X
ビルポード用の樹木植物素材集 不可 X
ユーティリティLitePro
リアルタイムなステータス情報の表示 X X
カスタムプリセット 不可 X
Creation tools(ダミーや面の向き、自由サーフェースに基づいて配置) 不可 X
Forest tools(Forestインスタンスの実体化) 不可 X
編集可能メッシュへの変換 不可 X

動作システム条件

  • 3ds Max (2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017) 64bit 対応
  • Windows 7, Windows 8 Windows 10 / 64bit対応
  • VRayネイティブサポートを利用するにはVRay3dsMax 3.30 以降が必要です。
dummy box
original materials: Copyright © 1999 - 2013 Itoo Software