pIllusion AE 発売中
pIllusion AE と particleIllusion 3.0 のコンビネーション
particleIllusion 3.0 ("pI3") はパーティクルエフェクトを作成する為の単独で起動するアプリケーションです。
pIllusion AE ("pIAE") は Adobe After Effects用のプラグインとして動作するparticleIllusionです。

pIllusion AEを使うにはparticleIllusion 3.0も必要ですか?
pIAEを利用する為にparticleIllusion 3.0本体は必ずしも必要ではありません。しかし以下の理由から、用途によってはparticleIllusion 3.0も必要となるでしょう。
  • particleIllusionで作成したエミッターは全てpIAEでも利用できます。(pIAEとparticleIllusion3.0は同じエミッターライブラリーファイルを開く事ができます。もちろんプロエミッターも利用できます。)
  • pIAEは、エミッターの多くのパラメーターにアクセスでき、After Effects上でもある程度のカスタマイズが可能ですが、全てのエミッタープロパティにアクセスできる訳ではありません。(pIAEはエミッタープロパティダイアログの内容にアクセスできません)従って、pIAEではカスタマイズできない項目を変更したい場合、particleIllusion 3.0本体が必ず必要になります。
  • 全く新しいエミッターを作成したり、新しいエミッターライブラリーを作ったり、ライブラリー間のエミッターを移動させる場合もparticleIllusion 3.0本体を使用する必要があるでしょう。
  • 簡単な作業であれば、pIAEを使うよりparticleIllusion 3.0で済ました方が速く便利であると発見する方が多いでしょう。particleIllusion 3.0はパーティクルエフェクトに限らず、レイヤーでAVIやQuickTime、連番などの外部映像を読み込み、マスクやAlphaチャンネルを使って重ね合わせたりできる映像合成ソフトとしての機能も持っています。しかも、particleIllusion 3.0は非常に軽快に動作します。
  • pIAEには、加える事ができるエミッターの最大数に制限があります。particleIllusionにはこの制限はありません。
particleIllusion for After Effectsの情報はこちらを参照ください。

particleIllusion for After Effectsの評価版ダウンロードはこちら

particleIllusion 3.0(本体)の情報はこちらを参照ください。

このサイトに掲載されている日本語コンテンツの著作権は株式会社オークにあります。
このホームページに含まれる情報を事前の承認なく複製または配信などの行為をすることはできません。