pIllusion AE 発売中

なぜparticleIllusion が選択されているのでしょうか?

テレビ番組&コマーシャル

1998年の発売依頼、particleIllusionは数え切れない程テレビ番組で使用されてきました。例えばマックス スチール(Max Steel)、スターシップ・トウルーパーズ・クロニクル(Starship Troopers-Roughneck Chronicles)等のアニメーション。スタートレック:ボイジャー、スタートレック:エンタープライズ等のSF作品。Passions(NBCの昼メロ)、セサミストリートなどのドラマ&バラエティ etc

particleIllusionがSF番組の中で非常に重宝されるのは、爆発や煙および火花などパーティクル・エフェクトが必要である事は言うまでもない事実でしょう。SF番組では非常に多くの特殊効果シーンがあり、また製作時間も非常にタイトなのでエフェクトプロダクションでは最も早く効率的な方法を選択します。particleIllusionはこのような特殊効果を多様するSF作品にはまさに最適な製品です。

しかしSFだけではありません、一般的な番組でもパーティクルエフェクトが多様されています。particleIllusionはどのような画像でもパーティクルとして利用できる特徴を持っており、モーショングラフィクス等 バラエティに富んだ効果を作成する事ができます。

さらにparticleIllusionでは1からエフェクトを作成しなくても、殆どのニーズを満たすことができる「プリセット」のパーティクルライブラリがあります。例えば、花火/爆発のプリセットエミッターは実際に番組の中でトランシジョン(カットの切り替え)に使用されました。このプリセットのエミッターライブラリーは毎月のように追加されており、particleIllusionが非常に多くの仕事に使用されている理由の1つです。

ローカル・全国ネットに関わらず、TVの映像はわずかな予算と信じられない程に短い時間で仕上げなければならない仕事です。particleIllusionのプリセットエフェクトの多さは、納期への圧力を多少なりとも取り除いてくれる力になる事でしょう。アーティストは、ライブラリーからエミッターを選択しプロジェクトに配置し少し調整するだけです。
particleIllusionを使用すれば、同様の結果を得る事ができるので高価な「特殊効果の映像素材集」を買う予算も削る事ができるでしょう。

納品直前に変更を頼まれたらどうしますか? クライアントはそこで待っています。particleIllusionのハードウェアレンダリングはレンダリングを長時間待つ必要はありません。従来のパーティクルソフトウェアのレンダリング時間があれば、particleIllusionなら何パターンかのショットを製作する事ができるでしょう。編集画面上でも常に最終結果でリアルタイムにエフェクトを確認できるので、クライアントやディレクターの目の前で作業する事だって可能です。

Star Trek: Enterprise 2003 Paramount Pictures & Eden FX
Smallville 2003 Warner Bros Television, Pendulum Studios & EntityFX
Frankenthumb; Godthumb 2001 O Entertainment
Kool-Aid Commercial? 2003 DKP Effects Inc.
Ruffles Commercial? 2003 Powerhouse Animation

more info

このサイトに掲載されている日本語コンテンツの著作権は株式会社オークにあります。
このホームページに含まれる情報を事前の承認なく複製または配信などの行為をすることはできません。