vrls:reprogram

ドングルの再プログラミング

V-Ray 3.0を利用する為には、既にご利用中の通常版V-RayドングルにV-Ray 3.0のライセンス情報を追加する必要があります。これをドングルの再プログラミングと呼びます。

ドングルの再プログラミング手続は次の手順で行います。

  • まず最初に、ChaosGroupライセンスサーバーを通して特別なファイル(contexrt.wbc)を作成します。このcontexrt .wbcにはご利用中のドングル固有の情報が含まれています。
  • 作成した contexrt .wbc を販売代理店まで送付します。
  • 販売代理店から新しいファイル(update.rtu)が送られてきます。この update.rtu の中にはドングルを更新する為の情報が記入されています。このファイルを使ってドングルにV-Ray 3.0のライセンス情報を追加する事ができます。

ドングルを再プログラミングが完了するとV-Ray 3.0を使い始める事ができます。以下にこれら一連の手順を詳しく解説します。


コンテキストファイル(contexrt.wbc)を作成する

ChaosGroupライセンスサーバー(License Server 2.0以上)が起動している事を確認します。ChaosGroupライセンスサーバーのセットアップ手順は こちら(Windows, Mac OSX, Linux) を参照ください。

ライセンスサーバーにドングルを複数接続している場合、必ず更新対象の1つのドングルだけを接続してください。(ドングル毎にcontexrt.wbcを生成してください)

ウェブブラウザーを開きます。なお javascript の実行は有効にしてください。

アドレス欄に次のURLを入力します。

http://localhost:30304/goupgrade

ドングルが刺さっているマシンのWEBブラウザで上記を入力しします。

訳があってドングルが刺さっているマシンでWEBブラウザを開く事ができない場合、localhostの部分をマシン名に置き換える事で、他のマシンからアクセスする事もできます。
例えばホスト名: dell23 で IPアドレス: 192.168.0.7 のマシンにドングルが刺さっている場合は http://dell23:30304/goupgrade もしくは http://192.168.0.7:30304/goupgrade と入力します。

リモートプログラミングコンテキストファイル(.wbc)が生成されるまで暫く待ちます。(通常20秒以内には生成されます)

生成が完了すると Syccess! のメッセージが表示されます。contexrt .wbc のリンク部分を「右クリック」し対象をファイルに保存します。

インターネットエクスプローラーでは、対象をファイルに保存です。

保存した context.wbc ファイルを販売代理店までe-mailで送付します。 (株式会社オークのサポートは support@oakcorp.net )


ドングルを更新する

contexrt.wbc ファイルを販売代理店まで送付すると、数日で .rtu の拡張子がついたファイルが帰ってきます。(update.rtu)この .rtu ファイルには貴方のドングルを更新する為の情報が入っています。(.rtuは単純なテキストファイルです。バイナリではありません。)

なお、.rtu ファイルは .wbc ファイルを生成したドングルと1:1の関係になっています。異なるドングルに .rtu を適用しようとしても何も更新されません。(ドングルは特に変化しません。)

以下の手順でドングルを更新してください。


Windowsでのドングル更新方法:

.rtu ファイルを受け取ったら .wbc ファイルを生成したドングルが刺さっているマシン上にコピーします。コピーする場所は任意でかまいません。

Windowsスタートメニュー>プログラム>Chaos Group>V-Ray License Server for ***>Remove V-Ray license service を実行しV-Rayのライセンスサーバーを停止します。

もしWindowsのタスクトレイ(画面右下)にV-Rayライセンスサーバーのアイコンが表示されている場合は、アイコンをダブルクリックして“Terminate V-Ray License service”のボタンをクリックしライセンスサーバーを停止します。

コピーした .rtu ファイルをダブルクリックしてください。WIBUキーのドライバーによりドングルを更新するかどうか確認画面が表示されます。 Yes をクリックするとドングルが更新されます。

更新が成功した旨を確認しOKでダイアログを終了します。

Windowsスタートメニュー>プログラム>Chaos Group>V-Ray License Server for ***>Register V-Ray license service を実行します。

PCを再起動してください。

トラブルシュート

.rtu 拡張子がWIBUプログラムに関連付けされていない場合、ダブルクリックしても上記のようなウィンドウは表示されず何も起こりません。その場合は以下の方法で .rtu ファイルを手動で読み込み、アップデートを掛ける事ができます。

  • WIBU-KEYドングルドライバーが適切にインストールされていることを確かめてください。ドライバーの最新バージョンは以下からダウンロードすることができます。
  • Windowsのコントロールパネルを開き 「ワイブキー」のアイコンをダブルクリックします。
    (このアイコンが表示されない場合、ドライバーがインストールされていません。上記を参考にドライバーをダウンロードしてインストールしてみてください)

  • ワイブキーのウィンドウ左上の小さなアイコン部分をクリックし「アドバンスドモード」を選択してください。

  • 「ワイブボックス更新」タブを開き、リモートプログラミング更新ファイルの「参照」ボタンをクリックします。

  • ファイルを開くダイアログウィンドウが表示されるので、e-mailで届いた .rtu ファイルを選択します。最後にウィンドウ下部にある「適用(A)」ボタンを押します。これで .rtu の内容がドングルに書き込まれ、ドングルにV-Ray 3.0 のライセンスが追加されます。


Mac OS X でのドングル更新方法:

ファインダーで、/アプリケーション/WIBUKEY フォルダを開きます。WkConfigアプリケーションを起動してください。

Update タブを選択して[Execute Update.. ]ボタンをクリックしてください。

.rtu ファイルを開き、ドングルを更新して完了です。


Linuxでのドングル更新方法:

FedoraなどのGnome X端末では、アクセサリ» WibuKey WkConfig からWIBUキーのGUI操作が行えます。Update タブで .rtu ファイルを開きドングルを更新する事ができます。

コンソール画面から行うには以下のようにセットできます。 [xxx.rtu] は.rtuファイルまでのパス

$ wku REMOTE SET FROM xxx.rtu

ドングルの更新を確認する

ウェブブラウザーを開きます。アドレス欄に次のURLを入力します。

http://[サーバー名]:30304

[サーバー名]の部分にはV-Rayドングルが刺さっているマシンのホスト名もしくはIPアドレスが入ります。

例えばブラウザーを起動したマシンにドングルが刺さっている場合は
http://localhost:30304 もしくは http://127.0.0.1:30304
と入力します。localhost(127.0.0.1)は自身を示すのホスト名もしくはIPアドレスです。
また、ホスト名: dell23 で IPアドレス: 192.168.0.7 のマシンにドングルが刺さっている場合は
http://dell23:30304 もしくは http://192.168.0.7:30304
と入力します。

うまく接続できると Get status of the server. のリンクが表示れるのでクリックします。V-Rayライセンスサーバーの情報が表示されます。図のように、 通常の V-Ray for Maya 3.0 のTotalライセンス数が、購入したライセンス数と一致している事を確認してください。 (教育版はV-Ray4Maya/Edu 表示です。)

vrls/reprogram.txt · 最終更新: 2015/04/01 17:01 by oakcorpnet

ページ用ツール

Orignal documentation COPYRIGHT © Chaos Software
このサイトに掲載されている日本語コンテンツの著作権は株式会社オークにあります。無断での転載・リンクはご遠慮ください。
home / ご注文/お問い合わせ / support / email: support@oakcorp.net
株式会社 オーク TEL:03-3254-2094 FAX:03-3258-3343